トップイメージ

TOEFLとは

Test of English as a foreign language の頭文字をとったのがTOEFLです。英語が母国語でない人の英語力を測るテストです。

TOEFLの種類

TOEFLにも紙ベース、コンピュータベースなどいろいろな種類があります。

名称 TOEFL ITP (Institutional Testing Program、団体用) TOEFL PBT (Paper-based testing、ペーパー版) TOEFL CBT (Computer-based testing、コンピュータ版) TOEFL iBT (Internet-based testing、インターネット版)
詳細 団体受験用。PBTで出題された過去問を使用。スコアは公的なものではない。教育機関(大学など)内で主に使用。 2000年10月以前に主流だった。TOEFL iBT導入後も、TOEFL CBTやiBTの試験会場がない都道府県では引き続き実施。 2000年10月以降導入された。コンピュータで受験。TOEFL iBT導入以後も、TOEFL iBTの試験会場がない都道府県で引き続き実施。 TOEFLの最新版。米国などでは2005年9月に開始。日本では2006年7月から一部で導入開始。
試験時間 約1時間55分 約2時間25分 約3時間30分〜4時間 約4時間
スコア 310〜677 310〜677
1〜6(ライティング)
0〜300 0〜120
試験方法 紙ベース。 紙ベース。 コンピュータで実施(ライティングのみ、答案を紙に書いても良い) コンピュータで実施。
解答方式 マークシートによる多肢選択。 ライティングではエッセイを作成。それ以外のセクションは多肢選択。 ライティングではエッセイを作成。それ以外のセクションは多肢選択。 ライティングではエッセイを作成、スピーキングでは解答をマイクで録音。それ他セクションは多肢選択。

TOEFLのテストの構成

TOEFLの試験の成り立ちです。

名称 TOEFL ITP TOEFL PBT TOEFL CBT TOEFL iBT
リスニング 50問
約35分
50問
約35分
30〜49問
40〜60分
34〜51問
60〜90分
文法 40問
25分
40問
25分
20〜25問
15〜20分
(なし)
リーディング 50問
55分
50問
55分
44〜55問
70〜90分
36〜70問
60〜100分
ライティング (なし) 1問
30分
1問
30分
2問
約50分
スピーキング (なし) (なし) (なし) 6問
約20分

TOEFLの申し込み方法

TOEFLは以下のように申し込みます。

試験会場 実施日 受験料 申し込み締め切り
インターネット 電話 FAX 郵送
TOEFL iBT 東京・横浜・京都・大阪・福岡・長崎など 年間30〜40回の決められた実施日 170ドル(7日前まで)、195ドル(3日前まで) 4日前(中3日)まで 4日前(中3日)まで 不可 最も近い希望受験日の4週間前まで
TOEFL CBT 東京・横浜・大阪 原則として祝祭日を除く毎日。ただし、1カ月に受験できるのは1回限り 140ドル 4日前(中3日)まで 4日前(中3日)まで 第1希望試験日の7日前まで 第1希望試験日の3週間前まで
TOEFL PBT 未定 決められた実施日。詳細は未定。 140ドル 試験日の約1カ月前の定められた日 不可 不可 試験日の約1カ月前の定められた日
TOEFL ITP 各団体が指定 各団体が指定 2,560〜2,960円 所属機関に問い合わせのこと。

サイトMENU

Copyright (C) 英語で受験ドットコム  All Rights Reserved.