トップイメージ

受験科目が英語だけの日本の大学

受験科目が英語だけの日本の大学をここにリストアップしてみます。大学によっては、授業も英語で、まるで国内留学しているような環境を提供しているところもあります。授業がすべて英語の大学には授業が英語の大学マークをつけました。また、受験は英語だけですが、授業は日本語でという大学もあるようです。それぞれの大学のウェブサイトを確認しましょう。主な大学を含めた一部をご紹介します。交換留学帰国生の人気大学ランキングもご覧下さい。

英語で受験できる大学リスト

大学・学部名備考
授業が英語の大学上智大学国際教養学部(書類選考)SAT、TOEFL、エッセイ。SATはcritical reading(800),Writing (800),Math(800)で満点は2400ですが、入学のためには1500は必須。倍率3倍弱。

(公募推薦入試)日本の高校の成績が3年間で5段階で平均して4.0以上であれば、公募推薦入試ができます。提出する書類にTOEFLスコアとエッセイがあり、後は英語の筆記試験と面接での選考
授業が英語の大学早稲田大学国際教養学部国際教養学部を第一志望とするAO(Admissions Office)入試、書類、筆記(critical writing)、面接
獨協大学国際教養学部英語(英語T・U、リーディング)【100点/60分】日本語による面接【100点】
法政大学グローバル教養学部(GIS)特別入試で、一次試験:書類審査、二次試験:面接試験となっている。TOEFLR iBT71(CBT 197, PBT 530)以上、IELTS(Academic Module)5.5以上、 TOEICR 760以上、英検準1級以上(いずれか1つで可)
多摩大学グローバルスタディーズ学部B方式という受験方式において必須科目が英語(英語T、U、リーディング、ライティング)となっている。

MENU

Copyright (C) 英語で受験ドットコム  All Rights Reserved.